神待ちというシステム

孤独に路頭に迷っている家出中の女の子にとって、神待ちというシステムは実に画期的で使い勝手がいいものです。

神待ちとは、出会い系サイトにカテゴライズされるインターネットのサイトです。

形式としては、掲示板が利用でき、そこに女の子が現在地や、要望などを書き込んで、神待ちの“神”の所以である男性からの連絡を待つ、というものです。

若いうちは、家を出て行きたい衝動が少なからずあるはずです。

つい勢いで家を飛び出してみても、実際は友達の家を転々としているのにも限界が来て、現実の厳しさに打ちひしがれてしまうというのがほとんです。

ですが、家出をしている身としては、のこのこ家へ帰るのも心苦しいものです。

そこで、そんな家出中の女の子を救済してくれる男性と知り合うことができる、神待ちというシステムが登場しました。

この掲示板を利用して、男性と出会い、そして男性との交渉で夜を越す場所や、食事を奢ってもらうのです。

さて、そんな神待ち。

ここではどんな流れで神待ち少女は利用するのか、紹介していきたいと思います。

まず、携帯電話のiモードやezwebなどを利用して、インターネットから神待ちサイトにアクセスします。

携帯電話が使えない場合は、ネットカフェを活用しましょう。

携帯電話が止まっているときも、友人のパソコンやネットカフェを使うことで、とりあえずライフラインは確保できます。

そして、めぼしいサイトを見つけたら、そのサイトに登録します。

とても簡単な操作で登録できますので、至って簡単に登録できるでしょう。

そこで、まずはニックネーム等のプロフィールを設定します。そこで簡単な個人情報を明記すればOKです。

そのあと、具体的に自分の現状や現在地、そして何を求めているのか等を書き込みます。

しばらくすると、その書き込みを見た男性からの連絡が入ります。

そこで、簡単な交渉をします。交渉が成立したら、いよいよ男性と落ち合う場所と日時をセッティングしましょう。

あとは、男性と実際にあって、交渉内容を実践します。交渉内容、といっても実際にはカラオケやゲーム等のデートや、食事、セックスといった時間を2人で堪能するという内容が一般的です。

出会い系の新たな形ということで、援助交際のようなシビアな金銭とセックスの折り合いが、イメージとして強いかもしれません。

しかし、神待ちに関しては、表向きは女の子を“救済”することに目的があっての出会いですから、家出中の荒んだ思いを紛らわす「睦まじい関係」こそが、理想なのです。